お暇時間ネット

暇な時間を楽しみながら知識を身につけよう

突然の交通事故!その後解決へは?


車を運転する人にとって避けたいのが交通事故。

 

しかし、交通事故は突然やってくるものです。

 

皆さんも交通事故の現場に出くわしたり、事故処理しているところを通りがかり見たこともあるのではないのでしょうか?

 

交通事故は日本中でいろいろな場所で常に発生しているものです。

 

もしも、交通事故に遭った場合、どのようにしたらいいのでしょうか?

 

皆さんご存じのとおり、交通事故に遭った場合はまずは警察へ連絡しましょう。

 

中には面倒だからお互いだけで話し合って、弁償して貰う約束をして警察を呼ばずにその場で済まそうとする人もいるかもしれません。

 

しかし、その場合相手が後になって支払いを渋ったりしてトラブルとなるケースが考えられます。

 

無用なトラブルを避けるためにもまずは警察へ事故を届けましょう。

 

そもそも道路交通法72条で、

 「交通事故があったときは、当該交通事故にかかる車両の運転者その他の乗務員は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。

この場合において、当該車両の運転者は、警察官が現場にいるときは当該警察官に、警察官が現場にいないときは直ちに最寄りの警察署の警察官に当該交通事故が発生した日時および場所、当該交通事故における死傷者の数および負傷者の負傷の程度並びに損壊した物及びその損壊の程度、当該交通事故にかかる積載物並びに交通事故について講じた措置を報告しなければならない。」

とされています。

 

ようするに、交通事故が起きた場合は警察に届けなければならないということです。

 

 

そのため、交通事故を起こしたがお互いどおしで話し合うからといって、警察に届けない場合は道路交通法72条の違反になってしまうのです。

 

罰則は、負傷者がいる場合で救護等の措置を講じなかった運転者は、当該人の死傷が当該車両の運転者の運転に起因するものであるときは10年以下の懲役又は100万円以下の罰金、当該人の死傷が当該車両等の運転者に起因するものでないときは、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられ、それ以外の場合においては1年以下の懲役または10万円以下の罰金に処せられる。

 

また単に死傷者がいない場合の事故の場合は、必要な報告をしなかった運転者等は、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金に処せられるとなっています。

 

要するに人身事故は負傷者がいるので救護義務違反となりその罰則を、負傷者がいない物損事故の場合は事故不申告となり2つ目に記載した負傷者がいない場合の罰則となります。

 

運転免許を取得するときにも、事故は警察に届けましょうと習うはずです。

 

 

それでは、事故が起き警察に届けた後はどうなるのでしょうか?

 

警察に届けたから、あとは警察官がどうにか解決してくれるのかな?と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、単に車どおしの事故で、負傷者がいない場合は警察の役割はここまでです。

 

その後は交通事故の当事者どおしの話し合いということになります。

 

物損事故の場合、事故の申告義務があるため、警察に届けますが、それ以外は事故で破損したものの損害賠償の話となるため、民事不介入の警察はそこには踏み込みません。

 

交通事故でよく耳にする何対何という過失割合も、警察が決めるものではなくお互いで話し合うことになります。

 

さすがに何も分からない一般人どおしで、過失割合などを話しあうのは難しいですよね。

 

そこで、多くの人が加入している任意保険の会社が出て、両当事者が任意保険に加入している場合はその保険会社どおしで話し合い、万が一加入していない場合はお互いで話し合うほかありません。

 

たいていは保険会社で話し合い解決しますが、それでも納得できない場合は調停等にまでいく場合もあります。

 

もしものことを考えて任意保険の加入は大切ですね。

 

ちなみに負傷者がいる場合、いわゆる人身事故の場合は、単に交通事故ではなく、過失運転致傷という罪になるため、警察も事故の後、事情聴取や現場検証などを行い、負傷させた運転者は罪に問われることになりますので注意が必要です。

 

その場合も事件と損害賠償は別ですので、警察の捜査とは別に損害賠償の話し合いを保険会社等を通じて進めることになりますよ。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村